スポンサーリンク

勇気の授業02|小見川道大選手のトーク動画「NEO JUDOに込めた想い」

小見川道大
勇気の授業02の3時限目は、会場であるNEO JUDO ACADEMY 小見川道場代表の小見川道大選手。
男気溢れる小見川選手が格闘技を始めたのは小学校の頃。泣き虫を克服するために地元の柔道道場へ通いはじめました。

始めは中々上達せず、さらに同じ道場へ通う2つ下の弟の方が才能があると言われる悔しい思いをしていました。
悔しい思いをバネに人よりも多く練習をこなし実力をつけて行きます。
小見川道大
そんな小見川選手にピンチが訪れます。練習中のケガで手を骨折し必殺技が使えなくなってしまいます。
それでも腐らずに柔道を追求したことで今や小見川選手の代名詞となった「巴投げ」が新たな武器になりました。
開運巴投げ
小見川選手の話を聞くと決して順風満帆な格闘家人生とは言えません。
それでも「柔道」を信じることで格闘技を続けて来れたそうです。

そして最後に指導者として夢のある大きな目標を語ってくれました。

・勇気の授業開催情報を見る⇒

スポンサーリンク